SL「冬の湿原号」乗り鉄編

2003/02/18

標 茶⇒釧 路

 

釧路湿原国立公園という大自然の中を力走するC11171牽引のSL「冬の湿原号」に

標茶から釧路まで乗車した模様を公開します。

 

サムネイルをクリックしますとフルサイズデータがご覧になれます。


 

標茶駅舎 標茶駅の屋台 標茶駅 標茶駅
標茶駅 記念撮影 「ふるさとの鐘」 レトロな駅名票
乗車証明書を見せる車掌さん そろそろ発車する「冬の湿原号」 だるまストーブでスルメイカをあぶる 車内サービスで大忙しの車掌さん
だるまストーブを見下ろす「フクロウ」 かわいい「エゾリス」 車掌車内 車掌車のデッキ
車掌車内 車掌車内 「ヨ」から見た171号機 「ヨ」から見た171号機
     
「ヨ」のデッキから見た171号機   茅沼駅   沿線案内で大忙し   塘路駅
             
     
記念撮影であふれる塘路駅   湿原を行く   団体のお客さんたちで大賑わい   車内アナウンスで「車窓観光」
             
     
スハシ44の車内   カフェカー   カフェカー   ツインクルレディ
             
     
終着の釧路駅   スチームにまとわれた171号機   運輸区に向けて運転する機関士   釧路運輸区へ回送
             
             

ご案内へ トップページへ